住宅ローンが始まる前にお金が必要なことがいろいろあります。その期間を補うのがつなぎ融資です。

知っておきたい住宅ローン

知っておきたい住宅ローン

住宅ローンが始まるまでのつなぎ融資について

知っておきたい住宅ローン
マンションの場合は出来上がったものを購入するのでいいのですが、一戸建てを注文して建てようとする時つなぎ融資を利用する方が多いと思います。つなぎ融資とは、住宅ローンが始まるまでのつなぎのローンのことです。住宅ローンは一般に建物ができてから開始されるものなので、その前の段階の着工費や中間金などに住宅ローンを利用することができないそうです。着工費などが自己資金であればいよいのですが、ない場合はつなぎ融資を利用しなければいけません。私はまだ住宅購入をしていないので、つなぎ融資についてそれほど詳しくはありませんが結構金利が高いようです。そのため自己資金をためてから住宅を購入するほうが得ということになります。しかしながら、お金を貯めるのは本当に大変ですね。住宅購入もタイミングがあると思うので、つなぎ融資を上手に利用してなるべく短い期間で住宅ローンへ移行できるようにする方法を考えるべきだと思います。つなぎ融資の金利は日割り計算だそうなので1日でも早い行動が必要になるわけです。
短い期間で住宅ローンへと移行するためには、工事業者さんや住宅ローンを申しこんだ銀行などと支払日などについてよく話し合っておくことが大事になると思います。また、つなぎ融資を受けたい場合は住宅ローンの銀行を選ぶときにきちんとつなぎ融資ができるかどうかの確認が必要になります。どのぐらいの金利や手数料でつなぎ融資ができるかどうかも聞いておくといいと思います。つなぎ融資のことを調べてみると、不動産屋さんによっては代理受領といってつなぎ融資を行わなくて済むようにしてくれる会社もあるようです。これだとつなぎ融資の金利が節約できていいですね。しかしながら、すべての不動産屋さんでそのサービスを行っているわけではないのでそのあたりも良く自分で調べておく必要がありそうです。つなぎ融資は自己資金が足りない時にとても便利な方法なので、その内容を詳しく理解し上手に使ってマイホームを購入したいです。

お勧め情報

Copyright (C)2016知っておきたい住宅ローン.All rights reserved.